脂肪の吸収を抑える食品や飲み物

脂肪の吸収を抑える食品や飲み物

内臓脂肪は体の内臓すべてにつくイメージがある方も多いようですが、骨に覆われていないお腹にたまります。体は口にする食べ物や飲み物の影響を受けやすいので食事に注意する必要があります。では脂肪の吸収を抑える食品や飲み物とな何でしょうか?

 

脂肪がつく理由とは?

人間の体は1日に必要な摂取カロリーを超えた場合、余ったカロリーは脂肪に変わります。そのため、簡単に脂肪は体に蓄積されていきます。つまり、内臓脂肪がたまる原因はカロリーの摂りすぎや、糖質や脂質など脂肪になりやすい栄養の偏りで生じます。しかし、内臓脂肪は空腹状態になったときや運動をしたときに最初に使われる脂肪なので、付きやすい反面、落としやすいものでもあります。ですから、脂肪の吸収を抑える食品や飲み物を摂取することで内臓脂肪を落とすことができます。では、どのようなものを摂りいれればよいのでしょうか?

 

脂肪の吸収を抑えることができる食品とは?

脂肪を減らすことができる代表的な栄養素として食物繊維、EPA、ビタミンB群、リコピン、カフェイン、カルシウム、クロロゲン酸、L-カルニチンなどがあります。これらの栄養素が含まれている代表的な食品としてキャベツ、ゴボウ、ホウレンソウ、イワシやサバ、アジなどの青魚、豚肉、寒天、豆腐、トマト、オレンジなどがあります。これらは摂りすぎてしまった脂肪を体の中に吸収することを抑え、体外に排出する働きがあります。しかし過剰摂取してしまうなら意味がなくなってしまうので、食事の量も抑え、最低でも腹8分目程度で抑えるようにすることも大切です。

 

脂肪の吸収を抑えることができる飲み物とは?

コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が含まれているので、脂肪を分解して燃焼させる効果を期待することができます。またウーロン茶や緑茶は脂肪の吸収を抑えることができるので、食事と一緒に飲むことができるでしょう。また低脂肪乳や杜仲茶、ローズヒップティーなどもおススメです。

 

まとめ

飲むだけで痩せることができると口コミで話題のシボヘールを服用しながら、脂肪の吸収を抑えることができる食品や飲み物を摂取するなら、効率よく脂肪を燃焼させることができます。キャベツなどの野菜や青魚、豚肉などの食材にコーヒーやウーロン茶、緑茶などが脂肪の吸収を抑えることができる代表的なものとして挙げることができるでしょう。またどんなに脂肪の吸収を抑えることができものを摂取しても量が多いなら意味がありません。摂取する量にも注意しましょう。