白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の違い

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の違い

シボヘールは葛の花由来イソフラボンを配合することで、太りにくい体質へと変えることができると口コミで話題となっています。すでに脂肪を減らす効果も臨床試験によって実証済みのシボヘールですが、服用の前にお腹に脂肪がついてしまう原因を知っておくならシボヘールの魅力をさらに実感することができるでしょう。

 

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞とは?

年齢を重ねるにつれてウエスト周りが太ってきた・・と感じていませんか?なぜ年齢とともに痩せにくい体質になってしまうのでしょうか?それは脂肪の蓄積と燃焼には脂肪細胞が関係しているからです。脂肪細胞には、脂肪を蓄積する働きがある「白色脂肪細胞」と、脂肪を燃焼させる働きがある細胞「褐色脂肪細胞」というものがあります。これらの細胞のうち、褐色脂肪細胞が活発に働いていると脂肪が燃焼しやすいので、痩せやすくて太りにくい体質といえます。逆を言うなら、白色脂肪細胞が脂肪蓄積の原因となります。

 

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の違いとは?

脂肪細胞の中で褐色脂肪細胞の割合は約1パーセントと言われており、残りは白色脂肪細胞で占めています。脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞は、子どもの頃は1%以上の多い割合を占めているのですが、年齢を重ねるとともに減少していくことが分かっています。そのため、特に成人を過ぎると褐色脂肪細胞が急激に減少するために、瘦せにくい体質へとなってしまいます。

 

褐色脂肪細胞を燃焼させるには?

みなさんもご存知の通り、日常生活でカロリーを消費することを基礎代謝といいます。褐色脂肪細胞の割合が多い子どもの頃は、基礎代謝が活発であるため、カロリーの消費も高く、太りにくい体質となっています。しかし、大人になると基礎代謝が少しづつ劣りはじめ、太りやすくなってしまい、特にお腹周りに影響が出やすくなってしまいます。しかし、脂肪を燃焼させることができる褐色細胞は、身体を冷やすと活発に働き始めます。なので、水泳などで身体を動かすことでダイエット効果を得ることができます。それと同時に口コミで話題の脂肪の燃焼をサポートするシボヘールを服用することで、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

まとめ

脂肪細胞には、脂肪を蓄積する働きがある「白色脂肪細胞」と、脂肪を燃焼させる働きがある細胞「褐色脂肪細胞」というものがあります。大人になると脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞が体内を占める割合は1%と言われており、残りは脂肪を蓄積する白色脂肪細胞で構成されています。そのため、成人以降は太りやすい体質となってしまいます。しかし、褐色脂肪細胞の働きを活発にさせるためにシボヘールを服用し、それと同時に水泳をすることで脂肪を減少させることができます。