妊娠中はシボヘールNG

妊娠中はシボヘールNG

脂肪燃焼を促進させるシボヘールはダイエットサプリメントとして多くの方がすでにその効果を実感しています。では、機能性表示食品でもあるシボヘールは、妊娠中や授乳中でも服用することができるのでしょうか?

 

妊娠中や授乳中は太りやすい体質になっている?

お腹周りの脂肪に効果的なダイエットサプリメントシボヘールは、口コミをみてみるとすでに多くの方がその効果を実感しています。妊娠中や授乳中でも服用することはできるのでしょうか?妊娠中は、ホルモンバランスの影響やつわりなどによって、食事の好みがかわったり、食べすぎてしまったり・・など身体の変化が顕著になりやすい時期です。そのため、体形が崩れてしまうことに不安を抱えている方も少なくありません。そこでシボヘールを服用して、スリムなスタイルをキープしたい!と考える方も中にはいることでしょう。実際、妊娠中に太りすぎてしまい、必死にダイエットをしている方も多くいます。そのようにならないためにも、妊娠中からシボヘールを服用することはできるのでしょうか?

 

妊娠中にシボヘールを服用することはできる?

結論から述べるなら、妊娠中や授乳中にシボヘールを服用することはできません。シボヘールの有効成分は葛の花由来イソフラボンですし、そのほかの配合されている成分は抗酸化作用のあるサポニンなどの天然由来の成分なので、副作用が出るような危険な成分は一切使用していないので、基本的に体に害を与えるような心配はありません。しかし、妊娠中や授乳中は赤ちゃんが育つとても大切な時期です。特に母体から栄養をもらい健康に育つ妊娠期には、胎児にシボヘールの成分がどのように影響を与えるのかが分かっていません。少しの刺激でどのような影響が出るかが分からないので、なるべく安静に、そして口にするものは慎重に選ぶことが勧められています。なので、シボヘールには胎児に悪影響を及ぼすような成分が含まれていなくても妊娠中に服用するなら、最悪の場合流産や早産などのキッカケとなり赤ちゃんの体調を崩すリスクも考えられますので、シボヘールの服用は避けた方がよいでしょう。

 

まとめ

妊娠中や授乳中はシボヘールを服用することはできません。その時期は太りやすい体質に変化するため、自分のスタイルが気になる時期かもしれません。しかし、赤ちゃんにシボヘール成分がどのように影響がでるかは確認されていません。ですから、妊娠中はもちろん、卒乳が終わるまでシボヘールの服用を待つことが望ましいでしょう。