筋肉量を増やせば太りにくくなる

筋肉量を増やせば太りにくくなる

ダイエットをして成功してもリバウンドを心配する方も少なくないことでしょう。リバウンドしないために、筋肉をつけると太りにくい体質へと変化させることができるというのは本当なのでしょうか?筋肉と脂肪の関係についてみてみましょう。

 

筋肉量を増やすと痩せやすい体質になれる?

筋肉をつけると基礎代謝が向上し、痩せやすい体質になる!という話をよく耳にしますが本当なのでしょうか?筋肉をつけると痩せやすい体質になるのではなく、筋肉の量を増やすために筋トレをすると分泌される成長ホルモンの働きにより体内の中性脂肪を燃焼しやすい状態にすることができるので、痩せる、つまり太りにくい体質へと変化させることができます。筋トレをしたことで分泌された成長ホルモの働きはその日から2日間、体脂肪が燃焼しやすい状態が続くと言われているので、その期間に無酸素運動を同時に行うことで、脂肪燃焼を促進させることができ、効率よく脂肪を減少させることができます。

 

筋肉をつけると活動代謝を活発にさせることができる!

活動の種類によって使われやすい筋肉と、使われない筋肉があります。いずれにせよ筋肉は脂肪を燃焼させる効果があるので、筋肉使用量が多ければ多いほど脂肪を燃焼させることができます。活動する時に消費されるエネルギーは基礎代謝で、筋肉による脂肪燃焼は活動代謝で異なるものです。基礎代謝の約80パーセント以上は内臓で消費しています。一方、活動代謝の80~90パーセントは筋肉が占めています。ですから、筋肉量を増やすなら痩せる状態を作り出すことができ、活動代謝のエネルギー消費の効率をアップさせることができます。

 

筋肉量を増やしながらシボヘールを摂取して効率よく痩せよう!

痩せることができた!、お腹周りがスッキリした!という多くの口コミが寄せられているシボヘールには、有効成分として葛の花由来イソフラボンがたっぷり配合されています。葛の花由来イソフラボンには脂肪合成の抑制し、脂肪の分解をサポートする作用があります。それに加え脂肪の燃焼を促進させる働きもあります。これを服用すると同時に筋トレをし、筋肉量を増やすなら効率よく脂肪を減少させることができます。

 

まとめ

筋肉量を増やすために筋トレをすることで分泌される成長ホルモンの働きのおかげで、体内の中性脂肪を燃焼しやすい状態にすることができます。つまり、筋トレをすることで太りにくい体質へ変化させることができるということです。さらなる脂肪燃焼を促進させるために、筋トレをすると同時にシボヘールを服用することができます。お腹周りをスッキリさせたい方、ダイエットを成功させたい方はシボヘールを摂取してみることを考慮してみるのはどうでしょうか?