LDLコレステロールとHDLコレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロール

健康診断でよく耳にする「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」の違いをあなたは知っていますか?「悪玉コレストロール」や「善玉コレストロール」とも言われるこれらにはどのような違いがあるのかについてまとめてみました。

 

コレステロールは脂肪の一種

コレステロールは脂肪の一種なので水には溶けません。つまり、血液にも溶けないという特徴があります。そのため体内では血液に溶けるたんぱく質と結びつくことで、身体中に運ぶことができるため「リポタンパク質」と呼ばれています。このリポタンパク質の含まれている量によって、HDLコレステロールやLDLコレステロールと呼びかたが変わってきます。つまり、善玉でも悪玉でも同じコレステロールということです。

 

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いとは?

コレステロールの運び役でもあるリポタンパク質は、脂質がタンパク質と結びついて血液に溶け込みます。その種類には比重の低いたんぱく質であるHDLコレステロール、比重の高いたんぱく質であるHDLコレステロールがあります。低比重リポたんぱく質のLDLコレステロールには、全身にコレステロールを供給する役割があり、それ自体は悪いことではありません。しかし、LDLコレステロールが多くなってしまうと体内で酸化し動脈の内側に蓄積され、その結果血流が悪くなり血栓の原因となってしまいます。そのためLDLコレステロールは悪玉コレストロールとも呼ばれてしまいます。一方、HDLコレステロールは血管から除去する働きをしてくれるので、動脈硬化の防止することができるため善玉コレステロールと呼ばれています。

 

コレストロールと中性脂肪の関係とは?

脂質の大部分を占めている中性脂肪が、血液中にも多く占めているとLDLコレステロールが増えるに加え、体脂肪として特に内臓脂肪として蓄積されていきます。そのため、一度付いてしまった内臓脂肪や皮下脂肪はどんなにダイエットをしても減らすことが難しい脂肪となっています。そこで脂肪燃焼を促進させることができると口コミで話題となっているシボヘールを服用してみるのはどうでしょうか?シボヘールには有効成分として葛の花由来イソフラボン配合されています。すでに多くの方がシボヘールを服用して脂肪を減少させることができています。これを服用して健康な体とスタイルアップした身体を手にしてみませんか?

 

まとめ

LDLコレステロールは低比重リポたんぱく質で、悪玉コレステロールとも呼ばれています。なぜなら、これには全身にコレステロールを供給する役割がありますが、体内で多くなってしまうと動脈の内側に蓄積されてしまい血栓の原因となってしまうからです。一方、HDLコレステロールは比重の高いタンパク質で、血管から除去する働きをし動脈硬化の防止することができるので善玉コレステロールとも呼ばれています。