中性脂肪とコレステロール

中性脂肪とコレステロール

お腹周りがポッコリしてダイエットをしてもなかなか落ちない方、ウエストが以前よりも太くなった方などは中性脂肪が原因かもしれません。そもそも中性脂肪とコレステロールとはどんな脂肪のことなのでしょか?中性脂肪もコレステロールも同じ脂質ですが、それぞれ異なる役割を持っています。

 

中性脂肪とコレステロールの役割

中性脂肪はエネルギーを蓄える役割がありますそのため、内臓を中心に体内の各部位に蓄えられていきます。ブドウ糖などのエネルギー源などが不足した場合、必要に応じてエネルギー源として使用されます。コレステロールは身体を作る材料としての役割があります。脂肪のひとつですが、体の脂肪膜やホルモンの原料としても使われます。

 

中性脂肪が増えすぎると肥満になる!?

皮下に蓄えられた中性脂肪は”皮下脂肪”と呼ばれています。これがドンドン蓄積されていくと”皮下脂肪型肥満”になってしまいます。また、腹腔内に蓄えられた中性脂肪は”内臓脂肪”と呼ばれ、これがドンドン蓄積されていくと”内臓脂肪型肥満”になってしまいます。これらの脂肪が肥満になってしまうと、メタボリックシンドローム状態へと進行してしまい、動脈硬化になるリスクを高めてしまいます。動脈硬化は最悪の場合、死に至ることもある重大な病気なので、このような状態になる前に中性脂肪を減少させる必要があります。

 

中性脂肪を減少させるためには?

内臓脂肪型肥満の場合、お腹周りが全体的にポッコリするのが特徴的で、りんごのような体型になり男性に多いと言われています。一方、皮下脂肪型肥満は下半身がふっくらするのが特徴的で、洋ナシのような体型にな更年期以降の女性に多いと言われています。もし自分の体型に該当するようなら、中性脂肪を減らすことができるように努力することができるでしょう。そこでおススメなのが脂肪燃焼を促進させるダイエットサプリメント「シボヘール」です。シボヘールには有効成分として葛の花由来イソフラボンがたっぷり配合されているので、中性脂肪と皮下脂肪を効果的に減少させることができます。

 

まとめ

中性脂肪はエネルギーを蓄える役割がある脂肪で内臓を中心に脂肪が蓄えられていきます。一方、コレステロールとは身体を作る材料のひとつの脂肪です。一般的に肥満となるのは中性脂肪の方で皮下に蓄えられた中性脂肪は”皮下脂肪”、腹腔内に蓄えられた中性脂肪は”内臓脂肪”となります。これらはダイエットをしても落ちにくい脂肪ですが、すでに口コミで話題となっているシボヘールを服用するなら脂肪を燃焼させることができます。