脂肪燃焼のしくみ

脂肪燃焼のしくみ

ダイエットを考えているなら脂肪が燃焼する仕組みと、脂肪を燃焼させる方法を知っておくなら効率よく脂肪を燃焼を促進させ、ダイエットを成功させることができます。ではその仕組みと方法についてみてみましょう。

 

脂肪には種類がある!

脂肪、つまり脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があり、それぞれ異なる役割をもっています。一般に脂肪と認識されているのは白色脂肪細胞で、体内で使い切ることが出来なかったエネルギーを中性脂肪に変えるという働きがあります。これが脂肪太りの原因となります。主に皮下や内臓の周囲につきやすいという特徴があります。それとは逆に褐色脂肪細胞には、脂肪細胞に関わらず脂肪を燃やしてエネルギーを消費する働きがあります。しかし、成人になると褐色脂肪細胞は減少してしまうため、代謝が悪くなってしまい、白色脂肪細胞の中性脂肪が体内に蓄積されてしまいます。

 

脂肪を燃焼させるとは?

ダイエットで無くしたいと思っている脂肪のほとんどは、過剰で摂取してしまったエネルギーが脂肪となってしまった白色脂肪細胞に蓄積されているものです。これを燃焼させることとは、つまり消費するということです。ではどのように燃焼させることができるでしょうか?燃焼させるには脂肪を分解させる必要があります。人は運動をしてエネルギーが必要になったり、寒さなどの刺激を受けると交感神経の活動が活発になりリパーゼという酵素が活性化されます。これにより中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解することができます。

 

脂肪を分解したら消費!

脂肪を分解することができたら、それを消費する必要があります。一番効果的なのは運動をすることです。特に脂肪燃焼を促進させるのはウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などの無酸素運動と言われています。口コミで痩せることができると言われているサプリメント「シボヘール」には脂肪を分解する作用を期待することができます。それを服用すると同時に、無酸素運動を行うことで効果的に脂肪を減少させることが可能となっています。

 

まとめ

食事制限や摂取カロリーを減らしても脂肪を燃焼させることは難しいです。そこですでに多くの方が効果を実感しているシボヘールを摂取することで中性脂肪を減少させることができます。飲むだけでも効果を実感することができますが、それと同時に無酸素運動をすることで脂肪を消費させることができ、効率よくダイエットをすることができます。