シボヘールの効果を高められる飲み方

シボヘールの効果を高められる飲み方

痩せる機能性表示食品として口コミで人気のシボヘールには、飲むだけでお腹の脂肪を燃焼させることができる葛の花由来イソフラボンが有効成分として配合されています。その効果を効率よく得るために、どのように正しい飲み方をすることができるでしょうか?

 

シボヘールを飲むベストタイミングとは?

シボヘールの有効成分・葛の花由来イソフラボンには、内臓脂肪や皮下脂肪をを減らしてお腹周りを細くするという効果があります。それに加え、血中脂質を低減させる効果や肝臓の働きをサポートする作用もあるので、食事の30分前に摂取するなら、食べ物が体内に入る前に有効成分を体内へ行き渡らせることができます。それにより食事によって太る原因を取り除くことができます。

 

シボヘールの効果を高める飲み方とは?

シボヘールの効果を高めるために水か白湯で飲むことができます。特に白湯で飲んだ場合、シボヘールのサプリメントが体内で溶けやすくなるので胃への負担を軽減させることができます。また、お茶と一緒に飲む方もいるかもしれませんが、飲むお茶によっては、お茶の成分とシボヘールの成分が化学反応を起こして効果が薄れてしまう場合もあるので、お茶と一緒に飲むことは控えることができるでしょう。さらにお酒や炭酸飲料、ジュースなどと一緒に飲むこともNGです。なぜなら、アルコール分や甘味料は有効成分である葛の花由来イソフラボンの働きを鈍くしてしまうので必ず避けましょう。

 

シボヘール推奨量・4粒を守ること!

シボヘールの1日の推奨摂取量は4粒と決まっています。この適量を飲むことで35㎎の葛の花由来イソフラボンを摂取することができ、継続することで脂肪燃焼効果を得ることができます。これは臨床経験で検証済みの結果です。ですから、もし推奨量よりも少ない粒を飲むなら効果を実感することはできませんし、過剰摂取をするならホルモンバランスを崩してしまいます。1日4粒を毎日継続して飲み続け、1ヶ月で1袋消費するペースで続けていくならシボヘールの効果を実感することができるでしょう。

 

まとめ

シボヘールの効果を高めるために、食事の30分前のタイミングで飲むことができます。その際には、推奨されている4粒をまとめて、水か白湯と一緒に飲むことができます。効果を少しでも高めるため白湯と一緒にシボヘールを飲むなら、胃への負担を軽減させ、効率よく体内に有効成分を行き渡らせることができます。